ヒガンバナ(彼岸花)ってどんな花?危険性、開花時期、花言葉、名所、別名をまとめてみた

秋の風物詩として親しまれている彼岸花。その真っ赤な花は、見る人を惹きつける力があります。
しかし、彼岸花には、魅力だけでなく、危険性もあることをご存知でしょうか?

本記事では、彼岸花の特徴や魅力、危険性についてご紹介します。
彼岸花の本当の姿を知ることで、彼岸花への理解が深まるはずです。

目次

彼岸花の特徴、開花時期

項目分類詳細
科名キョウチクトウ科キョウチクトウ科には、アサガオ、ツルボなどの植物が属する。
属名ヒガンバナ属シロバナヒガンバナやイチリンソウなど、さまざまな種類のヒガンバナがある。
学名Lycoris radiata学名は、ギリシャ語で「光る花」という意味の「Lycoris」と、ラテン語で「放射状の」という意味の「radiata」からきている。
原産地中国中国の長江流域が原産地。
分布日本、東アジア、東南アジア日本では、本州から九州まで広く分布している。
形態多年草同じ場所で何年も生きる植物。
球根球根の中に栄養を蓄えて、冬を越す。
高さ30~50cm茎は真っ直ぐに伸びて、高さ30~50cmになる。
線形、長さ20~30cm葉は細長くて、長さ20~30cmになる。
花径5~10cm、6弁花花は直径5~10cmで、6枚の花びらがある。
花色赤色花色は赤色が一般的である。
花期9月~10月 9月~10月に咲く。
果実袋果果実は袋状になっていて、種子がたくさん入っている。
種子多数種子は多数できる。
毒性根に強い毒性根に強い毒性があるので、誤食しないように注意する。
ヒガンバナの特徴一覧

ヒガンバナの危険性、毒性

ヒガンバナの根には、強い毒性があります。
ヒガンバナの毒の主成分は、リコリン(lycorine)というアルカロイドです。
リコリンは、中枢神経系や消化器系に作用し、下痢や嘔吐、頭痛、意識障害などの症状を引き起こす可能性があります。

ヒガンバナの毒性は、体重1kgあたり0.1~0.3mgで症状が現れると言われています。
体重60キロの成人であれば6mg~18mgのため、少量の誤食でも症状が現れる可能性があります。
また、子供やペットは大人よりも体重が軽いので、より注意が必要です。

ヒガンバナの根の毒性は、加熱しても分解されません。
生のまま食べるのはもちろん、料理に使うことも絶対に避けてください。

ヒガンバナの危険性については、以下の点に注意しましょう。

  • ヒガンバナの根は、絶対に口に入れないようにしましょう。
  • 子供やペットがヒガンバナの根に触れないように注意しましょう。
  • ヒガンバナの根を切断した際に出る汁は、皮膚に付かないように注意しましょう。

ヒガンバナは、秋の風物詩として親しまれている美しい花ですが、その根には強い毒性があります。ヒガンバナの危険性をしっかりと理解して、安全に楽しむようにしましょう。

ヒガンバナの誤食による症状が現れた場合は、すぐに医療機関を受診してください。

ヒガンバナの花言葉

花言葉由来
悲しき思い出墓地によく植えられることから、故人を偲ぶ花としてのイメージから
あきらめ墓地によく植えられることから、死を受け入れるというイメージから
独立球根で冬を越すため、自力で生きていくイメージから
情熱真っ赤な花色の情熱的なイメージから
ヒガンバナの花言葉と由来の一覧

ヒガンバナの別名

別名由来
曼珠沙華(まんじゅしゃげ)サンスクリット語で「天上の花」を意味する「マンジュシャカ」が由来。
天蓋花(てんがいばな)仏具の天蓋に似ていることから。
リコリス学名の「Lycoris radiata」から。
葉見ず花見ず花と葉が咲く時期が違うことから。
死人花(しびとばな)墓地や湿地などに多く生えることから。
地獄花(じごくばな)死や地獄を連想させることから。
毒花(どくばな)根や葉に毒があることから。
痺れ花(しびればな)根や葉に毒があり、触ると痺れることから。
幽霊花(ゆうれいばな)夜になると花が光ると言われていたことから。
剃刀花(かみそりばな)葉が剃刀のように尖っていることから。
狐花(きつねばな)花びらの形が狐の尾に似ていることから。
雷花(かみなりばな)花が開くときに雷が鳴ると言われていたことから。
ヒガンバナの別名と由来の一覧

ヒガンバナの名所

日本には、全国各地にヒガンバナの名所が点在しています。その中でも、特に有名な3つの名所を紹介します。

巾着田キンチャクダ(埼玉県)

巾着田は、埼玉県秩父郡長瀞町にある、高麗川に囲まれた約5.5haの湿原です。
秋になると、約500万本もの彼岸花が咲き誇り、日本一の群生地として知られています。

埼玉県日高市の巾着田紹介ページ:https://www.city.hidaka.lg.jp/soshiki/shiminseikatsu/sangyoshinko/shokokanko/kanko/kankou/5810.html

埼玉県日高市公式HPより

小出川コイデガワ(神奈川県)

小出川は、神奈川県南部を流れる川です。
川沿いに約3kmにわたって彼岸花が咲き、のどかな田園風景とマッチした様子が魅力です。

藤沢市観光公式ホームページ小出川紹介ページ:https://www.fujisawa-kanko.jp/spot/ohba_endo_gosyomi/15.html

藤沢市観光公式ホームページ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

面白そうなものはとりあえずやってみる精神で見つけたサブスクについて記事を書いています。
お花などのリラックスなものが好きです。
「これいいな、自慢したい」と思えるものを記事にしています。
ごじまん.comの編集長です。

コメント

コメントする

目次