9月、10月、11月に咲くきれいな秋のお花!季節の美しさを楽しむ方法とは?

秋の訪れとともに、豊かな色彩と芳しい香りで私たちを魅了するお花たちが登場します。
今回は、秋の季節に美しい姿を見せてくれるお花をご紹介します。彩り豊かな花々に心癒される秋のひとときをお楽しみください。

目次

日本の秋に咲くお花一覧

お花の名前をクリックすると、画像と詳細の段落までスクロールされます。

花の名前開花時期花言葉特徴・見分け方
コスモス9月~11月乙女心、無邪気、希望キク科の一年草。花びらは舌状花で、多くの色や形がある。
キンモクセイ9月~10月初恋、懐かしさモクセイ科の常緑小高木。花は黄色で、甘い香りがする。
ヒガンバナ9月~10月無常、悲恋、死ユリ科の多年草。花は赤や白で、葉は枯れた後に咲く。
ダリア9月~11月華麗、祝福、変化キク科の一年草または多年草。花の大きさや形はさまざま。
サザンカ10月~12月ひたむきさ、困難に打ち勝つ、永遠の愛ツバキ科の常緑低木。花は赤、白、ピンクなど、さまざまな色がある。
9月~11月高貴、高潔、長寿キク科の一年草または多年草。花の大きさや形はさまざま。
マリーゴールド9月~11月悲しみ、愛情キク科の一年草。花は黄色やオレンジ色で、香りがある。
ヒナギク9月~11月純潔、誠実キク科の一年草。花は白や黄色で、星形をしている。
ツワブキ10月~11月不屈、忍耐キク科の多年草。花は黄色で、葉がツバの形をしている。
秋の花一覧表

コスモスの特徴


コスモスはキク科の一年草で、日本では秋桜という名称としても親しまれています。
色鮮やかで可憐な花が特徴の、秋の代表的な花です。

秋の風物詩として公園や道路沿いなどでよく見かけられます。
また、切り花としても人気があり、花束やアレンジメントなどにも使われます。

特徴説明
花弁周囲は舌の形の花びら(舌状花)で囲まれ、中心部は花粉を運んでくれる虫たちを引き付けるために筒状になっている(筒状花)
ピンク、白、赤、オレンジ、チョコレートなど
香りほとんどの品種は無臭だが、チョコレートコスモスはチョコレートの香りがする。
風通しを良くするために互い違いに(対生)枝分かれして生えている(二回羽状複葉)。
開花時期6月から11月頃。日照時間が短くなると花を咲かせる短日植物。
原産地メキシコ、コロンビア、ベネズエラなど。
渡来時期1879年(明治12年)、イタリアから。
花言葉希望、無邪気、純潔、夢想、思慕、いたわり、優しさなど。
コスモスの特徴まとめ

金木犀(キンモクセイ)の特徴


キンモクセイは、モクセイ科の常緑小高木で、日本では秋の代表的な花木として親しまれています。

江戸時代には、庶民にも広く普及し、庭木や盆栽として親しまれるようになりました。
現代では、その甘く爽やかな香りが好まれ、香水などでも親しまれるようにもなりました。
その香り高さから、秋の訪れを知らせてくれる花として有名です。

特徴説明
花弁周囲は舌の形の花びら(舌状花)で囲まれ、中心部は花粉を運んでくれる虫たちを引き付けるために筒状になっている(筒状花)
黄色
香り強い甘い香り
風通しを良くするために互い違いに(対生)生え、日の光を多く吸収葉が鳥の羽のように分かれている(羽状複葉)
開花時期9月~10月。日照時間が短くなると花を咲かせる短日植物。
原産地中国南部
渡来時期江戸時代頃
花言葉謙虚、謙遜、気高い
キンモクセイ特徴まとめ

彼岸花(ヒガンバナ)の特徴

ヒガンバナは、赤い花弁が印象的な花です。
秋の風物詩として親しまれていますが、有毒植物であることに注意が必要です。

特徴説明
花弁6枚の細長い花弁が集まって花冠を形成する。
赤、白、黄色など
香り虫を引き付けるための独特の芳香がある。
甘い香り、腐った肉の香り、薬草の香りなど、人によって感じ方が異なる。
線形で、濃緑色をしている。
開花時期9月~10月
原産地中国、朝鮮半島
渡来時期古代
花言葉再会、悲しい思い出、死の悲しみ
毒性球根や葉、茎、花、種子など、全草に毒があり、食べると中毒を起こす。
最も毒性の強い成分はリコリンで肝臓や腎臓にダメージを与え、重症の場合は死に至ることもある。
彼岸花(ヒガンバナ)の特徴

ダリア

ダリアの花色や花弁の形の豊富さは花壇に彩りを与え、華やかで気品のある花姿は秋の風景をより一層美しく魅せます。

特徴説明
花弁種類が豊で、平らなもの、フリル状のもの、波打つものなどがある。
赤、白、黄色、オレンジ、ピンク、紫、茶色など。
香りほとんどない。
日の光を多く吸収葉が鳥の羽のように分かれている(羽状複葉)
開花時期7月~10月。
原産地メキシコ。
渡来時期17世紀。
花言葉華麗、優美、気品、威厳、勝利、希望など。
ダリアの特徴

山茶花(サザンカ)の特徴

山茶花は、10月から12月にかけて咲く花であり、冬の寒さの中で咲く姿は、人々に勇気と希望を与えてくれます。
また、山茶花は、日本に古くから自生する花であり、日本人に親しまれている花です。
ツバキ科に属しており、椿と非常に似ている。

特徴説明
花弁多くは5枚の花弁で花冠を形成する。
赤、白、ピンク、複色など。
香りほとんどない。
楕円形で、厚くて光沢がある。
開花時期10~12月。
原産地日本、中国、朝鮮半島。
渡来時期古代。
花言葉ひたむきさ、困難に打ち勝つ、永遠の愛など。
山茶花(サザンカ)の特徴

秋の風物詩といえば、菊を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
白や黄色、赤など、さまざまな色や形の菊は、秋の彩りを添える大切な存在です。

特徴説明
花弁舌状花と管状花からなる。舌状花は平らで、管状花は筒状で、花芯を形成する。
白、黄色、赤、紫など、さまざまな色がある。
香りほとんどない。一部の品種には、わずかな香りがある。
線形で、細長い。
開花時期9月~11月
原産地中国
渡来時期奈良時代に渡来したと考えられている。
花言葉高貴、高潔、長寿
菊の特徴

マリーゴールド

マリーゴールドは、秋の花壇や切り花として人気があります。その丈夫さから、秋の長い期間咲き続けてくれるのが魅力です。また、マリーゴールドには、逆境に負けない、健康、希望などの花言葉があり、秋の装いのなかにも、力強いメッセージを感じさせてくれます。

特徴説明
花弁周囲は舌の形の花びら(舌状花)で囲まれ、中心部は花粉を運んでくれる虫たちを引き付けるために筒状になっている(筒状花)
黄色、オレンジ、白、クリーム色、茶色など、さまざまな色がある。
香りわずかな香りがある。
風通しを良くするために互い違いに(対生)生え、日の光を多く吸収葉が鳥の羽のように分かれている(羽状複葉)
開花時期4~10月
原産地メキシコ、中央アメリカ
渡来時期17世紀
花言葉逆境に負けない、健康、希望
マリーゴールドの特徴

ヒナギク

夏の終わりから秋にかけて、道端や公園などでよく見かけるヒナギク。その可憐な姿は、秋の訪れを感じさせてくれます。

特徴特徴説明
花弁白や黄色の舌状花と、黄色の筒状花からなる
白、黄、ピンク、赤、紫など
香りほとんどない
根生葉で、へら形で鋸歯がある
開花時期3月~5月
原産地ヨーロッパ
渡来時期江戸時代
花言葉純潔、無邪気、希望
ヒナギクの特徴

ツワブキ

道端や公園などでよく見かけるツワブキ。その黄色い花は、秋の陽射しの中でひときわ輝きを放ちます。秋の庭を彩る、明るく元気な花として人気があります。

特徴説明
花弁黄色の舌状花と、黄色の管状花からなる
黄色
香りほとんどない
スペードのような形をした腎円形で光沢がある
開花時期10月~12月
原産地日本
渡来時期なし
花言葉希望、歓迎、長寿、忍耐
ツワブキの特徴
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

面白そうなものはとりあえずやってみる精神で見つけたサブスクについて記事を書いています。
お花などのリラックスなものが好きです。
「これいいな、自慢したい」と思えるものを記事にしています。
ごじまん.comの編集長です。

コメント

コメントする

目次